Skip to Content

新宿@ひげ脱毛がお手軽に出来るサロンはここ(*´ノД`) Posts

持病や服用している薬によっては脱毛出来ない場合もあるから気を付けて!

2015年7月27日 • matsuyama

脱毛サロンでは、持病のある人やお薬を服用している人の脱毛をお断りしている場合があります。

もちろん全ての持病ではありませんし、薬を服用している人全てではありません。

ですが、もし持病や薬を服用しながら脱毛を考えている人は、もしかしたら断られるかもしれないという可能性を考えておいたほうが良いでしょう。

脱毛サロンで脱毛することができない持病は、心臓病(ペースメーカーを入れている人)、てんかん、内分泌系疾患(糖尿病や甲状腺疾患など)、喘息、ケロイド体質、光アレルギーなどです。

脱毛サロンによってはこれ以外にも脱毛施術を受けることができない持病もあります。

心臓にペースメーカーを入れている場合は、脱毛マシンに反応してペースメーカーが誤作動を起こしてしまう危険性がありますので施術を受けることができません。

てんかんや喘息も同じような理由です。

施術中に万が一てんかんや喘息の発作が起こってしまった場合、とても危険ですので施術を受けられません。

内分泌系疾患は、お肌が敏感になっている場合が多く、肌トラブルを避けるため施術を受けることができません。

特に重度の糖尿病の場合、怪我や火傷をしたところに壊疽が発生する恐れがあります。

重度の糖尿病の人は免疫機能が弱っている場合がありますから、脱毛施術で受けた小さなダメージから壊疽が発生してしまう場合があります。

ケロイド体質は持病ではありませんが、普通は皮膚が傷ついてしまうと傷が治った時に必ず跡が残ってしまいますよね。

ケロイド体質の人の場合はその傷跡が盛り上がりケロイドになってしまうんです。

ケロイドになっている部分はダメージを受けやすい状態になっていますので、脱毛施術で受けるダメージによって悪化してしまう恐れがあるからなんです。

光アレルギーの場合は脱毛サロンではフラッシュ脱毛を採用しているため難しくなります。

薬の服用に関しては、脱毛サロンごとに規定が違いますが、脱毛施術を受けられない薬は抗不安薬、三環系抗うつ薬、経口抗真菌薬、抗生物質、ピルなどです。

ピルに関しては少量ならOKとしている脱毛サロンもあります。

持病がある場合や薬を服用している場合は、まずはお医者さんに脱毛施術を受けてもかまわないかどうか一度相談してみましょう。

脱毛前後の日焼けは絶対にNG!紫外線からデリケートな肌を守ろう

2015年7月27日 • matsuyama

脱毛期間はとても長いので当然日焼けをしやすい季節も乗り越えなければなりませんね。

脱毛期間中、気をつけなければいけないことはいくつもありますが、その1つが日焼けです。

特に脱毛前後に日焼けすることは絶対NGですよ。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛もクリニックの医療レーザー脱毛もどちらも脱毛の原理は同じです。

メラニン色素に反応する特殊な光線熱・レーザーをお肌に照射してムダ毛や毛根にダメージを与えるというものですので、日焼けをしてお肌が黒くなってしまうと、脱毛マシンがムダ毛だけでなく黒くなった日焼け肌にも反応してしまうことになります。

そうなると、ムダ毛に対する脱毛効果は弱まってしまいますし、火傷をしてしまう可能性が高くなります。

火傷などの肌トラブルを起こすわけにはいきませんので、日焼けをしてしまった場合は照射出力を下げて脱毛施術を行う場合もありますし、脱毛施術自体をお断りする場合もあります。

そうすると脱毛完了までの期間が長くなってしまいますので、契約しているコースにもよりますが、料金も高くなってしまいます。

また脱毛施術でデリケートな状態のお肌が日焼けしてしまうと、色素沈着を起こしやすくなりますので、当然シミもできやすくなるんですよ。

せっかく脱毛をしてお肌をつるつるにしようとしているにも関わらず、シミだらけのお肌になんてなってしまったら元も子もありませんよね。

しっかり日焼け止めを塗って紫外線ダメージからお肌を守ることが大切ですよ。

ただし夏場は残念ながら日焼け止めだけでは紫外線対策は不十分なんです。

ですから他のアイテムを併用することでがっちりガードしましょう。

日傘やアームカバー、帽子、サングラス、UV対応コンタクトレンズなどを使用すると、かなり紫外線のダメージからお肌を守ることができます。

怖いのは「うっかり日焼け」です。

海やプールなどのレジャーではなく、日常生活のちょっとした油断から日焼けしてしまうことがあります。

例えばちょっと郵便物を取りに行く、ゴミを出しに行く、洗濯物を干したり取り込んだりする。

こんなちょっとしたことでも日焼けはしてしまうんですよ。

これくらいなら日焼け止めを塗るのも面倒くさいですが、UV対応のパーカーなどを羽織ってお肌を守りましょう。

脱毛前後にアルコールを摂取すると肌トラブルが起こりやすいから危険!

2015年7月27日 • matsuyama

脱毛施術の前後にアルコールを摂取することは避けるようにと、脱毛サロンから注意されていると思いますが、きちんと守れていますでしょうか。

もしかしたら「ちょっとぐらいなら問題ないでしょ」という勝手な自己判断でこれまでもアルコールを摂取してしまったという人もいるかもしれませんね。

もしそれでこれまで肌トラブルが出なかったとしたら、それは単なるラッキーですよ。

脱毛施術前後にアルコールを摂取してはいけないのには、きちんとした理由があるんです。

アルコールを摂取すると血行が良くなります。

脱毛施術後に血行が良くなってしまうと赤みやかゆみなどの肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあるからなんです。

脱毛施術前にアルコール摂取をしてはいけなり理由も同じです。

血行が良くなっている状態で脱毛施術を受けると、赤みやかゆみ等の肌トラブルが起こりやすくなってしまうからなんです。

肌トラブルが出やすくなるだけではなく、お肌がアルコール摂取で敏感になっているため、普段よりも痛みを感じやすくなってしまいます。

万が一、脱毛施術の前日に友達との飲み会に参加したり、会社の付き合いでアルコールを摂取してしまった場合は、翌日の脱毛施術予約はキャンセルするのが無難です。

前もって、脱毛施術前日にアルコールを摂取しなければならないような予定が入ってしまった場合は、すぐに予約をキャンセルしましょう。

早めにキャンセルをするとペナルティを受けることはありません。

でもアルコール摂取をするつもりはなかったのに、場の雰囲気上仕方がなく・・・ということもありますよね。

そういった場合は、ペナルティや罰金覚悟で予約をキャンセルしましょう。

ペナルティや罰金は確かに痛いですが、肌トラブルを起こしてしまうよりもずっとマシだからです。

脱毛施術は数ヶ月に1回の頻度なので、毎日アルコールを摂取している人はちょっと辛いかもしれませんが、施術前後は我慢しましょう。

体のほうが大切ですからね。

脱毛施術後に友達と約束してご飯を食べに行くとか合コンに参加するいう予定は入れないようにしたほうが無難ですよ。

脱毛終了回数にはどうしても個人差があるので 不安なら回数無制限にすると安心★

2015年7月27日 • matsuyama

一昔前では、男性がひげ脱毛するなんてかんがえられませんでしたが、最近ではひげ脱毛する人がかなり増えてきましたよね。

ひげ脱毛するにあたり、気になるのは何回施術を受ければ脱毛が完了するのか、ということではないでしょうか。

通う回数によって料金も違ってきますので、気になるのは当然ですよね。

でも脱毛完了までにかかる施術回数は個人差がありますので、一概に何回施術を受ければ脱毛が完了するということは言えません。

ひげが薄い人と濃い人では同じ施術回数で済むことはありえません。

一般的に、ひげ脱毛は10回コースが多いですよね。

ですが、毛周期のことを考えると実は10回ではちょっと不十分なんです。

10回通うとかなり自己処理は楽になりますが、完璧にキレイに脱毛したいのであれば、20~30回ほど脱毛施術を受けなければなりません。

20~30回通うとなると3年以上かかってしまうことになります。

ですから通う年数も長くなりますし、料金も高くなってしまいます。

最初は約1ヶ月間隔で施術を行いますが、数回脱毛施術するとヒゲの伸びるスピードが遅くなるので脱毛施術の間隔が開いていきます。

どういったひげ脱毛をしたいかという個人の好みなどもありますが、とりあえずつるつるの無毛状態にしなくても、全体的にひげが薄くなれば良いという人は、10回コースを選んでおくのが一番無難ですよ。

キャンペーン価格で完了するのでかなりお得です。

ですが、どうしても完璧にひげをなくしたい人は「回数無制限コース」を選んでおくのが無難です。

この回数無制限コースというのは、料金は少し高めに設定されていますが、自分が満足するまで何回通ってもOKというコースですので、トータル的な費用を考えても、10回コースで満足できなくて後々回数を増やしていくよりも断然リーズナブルなんですよ。

ひげ脱毛を行うと、毎日のお手入れが不要になりますし、女性からの評価が高くなります。

また毎日のひげ処理でお肌にダメージが加わることを防ぐことができますし、気になる青ひげも解消されるんです。

ひげ脱毛する人がどんどん増えている理由がわかりますね。

ひげ脱毛を効率よく行うためのいくつかのポイント

2015年7月27日 • matsuyama

最近ではひげ脱毛を行う男性が増えてきていますが、ひげ脱毛を効率よく行うためにはポイントがいくつかあるんですがご存知でしょうか。

このポイントをおさえているかどうかでひげ脱毛が成功するかどうかが決まるといっても過言ではありませんよ。

まず1つ目のポイントがひげ脱毛施術前の自己処理です。

施術にはひげをきちんと処理した状態で受けなければなりません。

脱毛サロンやクリニックで行われる脱毛施術は、メラニン色素に反応する光線熱やレーザーを照射することによって毛根にダメージを与える仕組みなので、ひげがきちんと処理された状態でないと肌トラブルを起こす恐れがあるからです。

といってもあまり深剃りしてしまうと、脱毛効果が十分得られませんので、当日の処理は避けましょう。

この自己処理の時に、毛抜きを使ってひげを抜いてしまうと、毛根まで一緒に抜けてしまい、これまで行ってきた脱毛施術が全て無駄になってしまうので、絶対に抜いてはいけません。

脱毛施術を受ける回数が増え、ひげ脱毛完了までにかかる期間も延びてしまい、料金もかかってしまいますよ。

そして次のポイントが日焼けです。

フラッシュ脱毛や医療レーザーはメラニン色素に反応させるため、お肌が日焼けしてしまうと、脱毛マシンから照射される光やレーザーがひげのメラニンだけではなく、お肌にも反応してしまい大きなダメージを与えてしまう恐れがあるからなんです。

特に火傷をしてしまう可能性が高くなるんですよ。

日焼けの程度にもよりますが、軽い日焼けであれば脱毛マシンの照射出力を下げて施術したり、こんがり焼けている日焼けの場合は施術自体を断られてしまうこともあります。

そして最後にホームケアです。

これは特に重要なんですが、ひげ脱毛するとお肌にダメージがあたり乾燥しやすい状態になっています。

乾燥していると外部からの刺激を受けやすくなりますので、しっかりと保湿をしておくことが重要です。

またお肌が乾燥していると脱毛マシンの照射出力を下げて施術を行わなければなりませんので、脱毛効果が弱くなってしまいます。

これらのポイントをしっかり抑えて効果的なひげ脱毛をしましょう。

後悔しない脱毛サロンの選び方とは…

2015年7月14日 • matsuyama

脱毛サロンに行く人が増えたといっても、まだ行けないという人もいますよね。

経済的な理由だけではなく、恥ずかしいとか何処へ行けばいいのか分からないという人もいると思います。

いろいろなことを考えていたら不安になってきますよね。

そこで、脱毛サロンの選び方について考えてみたいと思います。

やっぱり、一番に考えることは料金ですよね。

人気があって評判が良くても高額なサロンにはなかなか行けないです。

まず、脱毛サロンの情報を集めることから始めましょう。

インターネットや広告などで脱毛サロンの特徴を調べてみます。

また、周りの人で脱毛サロンの経験があるなら聞いてみるといいですよ。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、経験のある人に直接聞いたほうがいいように思います。

ちなみに、高松の脱毛サロンに行ったことのある人に聞くことができ、たいへん参考になりました。

口コミでは分からなかった脱毛時の服装や勧誘の断り方などを聞くことができました。

いろいろ考えた結果、料金以外には脱毛効果・通いやすい場所・予約を取りやすい・肌トラブルが起こったときの対応で脱毛サロンを選ぶと失敗しないと思います。

まず、無料カウンセリングに行って脱毛のことを聞くことが大切ですが、聞き忘れがないようにメモしておくといいですね。